なぜ小さい頃から英語をしておいたほうがいぃのか、おすすめの教材やお家英語の取り入れ方、毎日使えるフレーズなど、子供に英語を身につけてほしいと考えている人に見てもらいたいブログです

子どもの英語教育を始める前にチェック!まずは知るべき4つの方法とは?

2017/06/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサードリンク

早期英語教育にはたくさんのメリットがあることは以前に説明させていただきました。

(参考→幼児の英語教育は必要?6つのメリット・3つのデメリット

では英語を学ぶ方法にはどのような方法があるのでしょうか。

今回は英語を学ぶ方法を大きく4つに分けて書いていきます。

 

お家で英語環境を作る

まずは一番身近な家庭でできることを紹介します。

・英語の音楽CDを聞かせる (参考→絶対に見せたい子どむけYouTubeは?一番おすすめの無料動画

・英語のDVDを見せてあげる

・NHKの英語番組やアニメを見せる 

(参考→2017年版テレビで基礎英語を学ぼう!おすすめの無料NHK子ども英語番組3つ紹介!

・簡単な日常会話を英語で行う (参考→親子で英語フレーズ

・市で行われる英語のイベントに参加する

 (市によっては児童センターなどでも行われています)

このように、お金をかけなくてもできることはたくさんあります。

さらにお家で英語を聞いたり話したりすると、日常的に英語に触れる機会を増やすことができるので、英語を定着させやすくなります。

ですので、まずは始めやすいものからぜひお家英語を取り入れていってください。

 

プリスクール、幼稚園・保育園で習う

スポンサードリンク

プリスクールとは、英語で保育を行う施設のことを言い、早ければ子供が0歳の就園前のプリスクールに行くことができます。

小学校入学前まで通うことができ、基本的に英語での生活になります。

英語で学ぶプレ幼稚園、幼稚園のような位置づけですね。

最近では幼稚園や保育園んでも英語を行うところが増えてきており、さらに普通の日本の幼稚園や保育園に英語教室などが入って英語のレッスンをやってくれるところもあります。

 

英語・英会話スクール行く

習い事として英語・英会話スクールに通うのもおすすめです。

いつものお家や、幼稚園・保育園ではないところに身を置くことにより、「ここは英語を喋るところなんだ」と、子供自身が英語モードになり、英語を吸収しやすい状態になります。

英語教室に通う費用は、週1回のレッスンで月8,000~1万円が相場です。

今は0歳からでも通える英語・英会話スクールが多数ありますので、まずはいくつか体験レッスンを受けてみてください。

子どもの習い事ではその子に合った先生や教室を見つけることは、今後楽しく習い事を続けることができるかどうかの大切なポイントになります。

ぜひ時間をかけてもお子さんに合った先生、教室を見つけてあげてください。

(参考→外国人の英語の先生と日本人の英語の先生のメリット・デメリット

 

オンライン英会話を受講する

英会話教室が家の近くになかったり、通わせる時間がない場合、オンライン英会話がおすすめです。

お家にいながらネイティブの先生から好きな時に英語を習うことができ、自分の都合に合わせてスケジュールを組み立てられます。

しかも、普通の英語・英会話スクールに通うよりも授業料が格安で、週1回20分程度のレッスンであれば月3,000円程度から受講できるサービスもあります。

オンライン英会話はスクールに通うよりもずっと敷居が低いので、スクールなどに通わせるのは悩むな、という方であれば、まずはオンライン英会話を受講してみてお子さんの様子を見てみても良いかもしれません。

 

まとめ

最近では幼い頃から英語を学ぶ方法がたくさんあります。

ライフスタイルやお子さんの性格などを踏まえたうえで、合う勉強法を見つけることができたら「英語教育」の第一歩は大成功ではないでしょうか。

ぜひいろいろ試してみて、ご家庭やお子さんに合う英語勉強法を見つけてください。

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です